OS
提供会社
レンダリングエンジン
世界シェア率(※1)
キーワード

スポンサーリンク

Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)

 

Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)の特徴

Windowsといえばインターネットエクスプローラーが標準で装備されていましたが、Windows10からはMicrosoft Edgeへとブラウザが変更されています。

インターネットエクスプローラーの上位版ともいえる存在でHTML5などのインターネット特有の言語規格との互換性が良くなっているのが特徴です。互換性がスムーズにいくことによって、インターネットエクスプローラーではページの表示が遅くなっていた不具合がMicrosoft Edgeでは改善されています。

その他にもwebページに直接書き込みができたり、コメントができるなどの様々な機能が追加されていて、インターネットエクスプローラーよりも使いやすくなっています。

Microsoft edgeでファイルをダウンロード

Microsoft edgeはWindows 10 にのみ付属されており、個別にダウンロードまたはインストールすることは基本的にできませんが、Webの閲覧はもちろんのこと、さまざまな機能による使いやすさが魅力的である新たなブラウザーです。そんなMicrosoft edgeを利用してファイルをダウンロードすることはとても簡単で、ダウンロードしたいファイルのリンクをクリックするだけです。ファイルリンクをクリックすると、自動的にウィンドウの最下部にボタンが出てくるので、それでダウンロードの詳細を決定することもできますし、内容を確認したり、そのまますぐに実行することも可能です。ただし圧縮ファイルなど、ファイルの種類によってはダウンロードにやや時間がかかるケースもあります。

Microsoftedgeでファイルをダウンロード

Microsoft edgeはWindows 10 にのみ付属されており、個別にダウンロードまたはインストールすることは基本的にできませんが、Webの閲覧はもちろんのこと、さまざまな機能による使いやすさが魅力的である新たなブラウザーです。そんなMicrosoft edgeを利用してファイルをダウンロードすることはとても簡単で、ダウンロードしたいファイルのリンクをクリックするだけです。ファイルリンクをクリックすると、自動的にウィンドウの最下部にボタンが出てくるので、それでダウンロードの詳細を決定することもできますし、内容を確認したり、そのまますぐに実行することも可能です。ただし圧縮ファイルなど、ファイルの種類によってはダウンロードにやや時間がかかるケースもあります。

Microsoft edgeをアンインストール

長らくWindowsに標準で付いているブラウザはIEでしたが、Windows10からはMicrosoft edgeが標準ブラウザになりました。もちろん従来のIEも使用出来ます。しかし数年前から他社のブラウザも登場し愛用している人も居られると思います。そうなると使わない物はアンインストールしてパソコンの中を綺麗にしておきたいと思う人もいるはずです。通常、Windows10でアプリをアンインストールするには「アプリと機能」から行いますが、そこにはMicrosoft edgeが出てきません。他のアンインストール方法でも出来ないようになっています。Microsoft社が運営するコミュニティでもその方法は無いといった回答が書かれています。ツールを使った方法はあるようですが、システムにまで手を付けるようですし、パソコンに詳しくない方はしないほうが無難でしょう。

よく落ちるとの口コミも

Microsoft edgeはよく落ちるとの口コミもあるのでこれをブラウザとして使用するのはまだやめておいた方がいいかもしれません。信頼性という点ではあまり良くないという事が言えるのかもしれません。chromeに対抗して高速化という事を目指している事は分かるのですが、その為にシステムの信頼性を犠牲にしている所があるのかもしれない。インターネットエクスプローラーに代わるブラウザとして投入されましたが、まだまだ課題は多いという事になるのかもしれません。スピードという点でもchromeと似たり寄ったりで信頼性がまだ確立されているとは言い難い段階なのが今の状況のようですから、まだこのブラウザを使用する意味は少ないと考えて良いでしょう。

Microsoft edgeは初期状態でインストール済です

Microsoft edgeはwindows10のパソコンに初期インストールされています。他のアプリの様にダウンロードする必要はありません。フリーソフトというよりもiphoneのsafariのような物です。標準仕様のブラウザであり、既定のプログラムにはMicrosoft edgeが最初から設定されているため、別途ユーザー側で設定変更をしなければ、windows10のコンピューターでは各サイトをMicrosoft edgeで閲覧する事になります。

windows updateによってMicrosoft edgeの脆弱性は修正されますし、本体に大きな更新がある場合も自動的にアップデートされるため、特にユーザー側で作業は不要です。

Microsoft edgeとinternetexplorerの違いについて

Microsoft edgeはWindows10に搭載されている新しいブラウザですので、機能面で様々な工夫がされており、使い勝手も良くなっています。ただ従来のinternetexplorerに馴染んでいる人にとっては、機能や操作方法の違いから、従来の方が良かったという意見も聞かれます。中にはインターネットのサイトにアクセスしても、必要なデータを引き出すことができないという人もいます。
実はMicrosoft edgeは新しいために、これに対応することができていないサイトもあるためで、徐々に対応は広がっているのでいずれは問題がなくなるはずです。
まだうまく操作できないという場合は、画面右上の「・・・」をクリックし、「internetexplorerを開く」で対応する方法があります。

不具合対応について

ときたまMicrosoft edgeが調子が悪いとか不具合が多いという人がいますが、不慣れによる作業ミスということが原因となっているケースが多いというのが事実です。
それまでのインターネットエクスプローラーなどと比べると、例えばインターネットでのお気に入りのセットの仕方が違うというように機能や表示の仕方が異なっているため、従来馴染んできたやり方にこだわりがあると調子が悪いとか不具合と決めつけたくなってしまうということに原因があります。
こうした場合はマイクロソフト社に問い合わせることも一つの方法ですが、インターネットで検索すると経験者たちが的確なアドバイスを記載しているので、これが解決の早道になります。

Microsoft edgeでウェブサイトをお気に入りにする方法

Microsoft edgeで特定のウェブサイトをお気に入りに登録する場合には、まずタスクバーに存在しているMicrosoft edgeを示すアイコンをクリックしましょう。
ソフトウェアが起動したらお気に入りに登録したいと考えているウェブサイトを表示させた上で、上部にある星のマークを選択しお気に入りもしくはリーディングリストに追加を行います。
すると、小さなポップアップメニューが表示されるのでポップアップメニューの上部の左側にある星のマークと共にお気に入りと記載されている選択肢を選びます。
選択肢を選ぶと保存する場所に関する詳細な設定項目や、保存名が変更できるようになるので管理しやすい名称と場所に設定したら追加を選び完了です。

Microsoft edgeの再インストール方法について

Windows10ではMicrosoft edgeが標準のブラウザということで搭載されていますが、サイト検索やダウンロード処理の繰り返しなどによってまれに動作が不安定になる場合があります。
こうしたとき通常のアプリでは再インストールを行って初期化しますが、Microsoft edgは単独で行うことができません。
方法としては設定をリセットすることで初期化します。
この操作ではオプションとして、ツールバー、アドオン、閲覧履歴、お気に入りなど個人で設定した情報を削除することができます。
なおこの操作で消去されたデータや情報は元に戻すことはできないことと、この操作によってInternet Explorerの設定も同時にリセットされるので、注意が必要です。

Microsoft edgeでは使えないページもあります

Microsoft edgeは新しいMicrosoft純正のブラウザアプリです。win10から実装されました。初期状態からインストールされており、既定のプログラムになっています。それまで主流だったIEシリーズに比べてMicrosoft edgeは高速かつ軽量です。スムーズにブラウジングができ、タブの保存やページへのメモ書きなど独自機能が満載です。

ただMicrosoft edgeはまだ新しい製品であり、サイトによっては上手く使えない事があります。Microsoft edgeの処理エンジンに未対応のサイトは今まで通り他のブラウザで閲覧しなければなりません。またMicrosoft edgeは高速処理が売りですが、CPUの消費量がかなり激しいのがデメリットです。

Microsoft edgeは重いという評判が多数あります

Microsoft edgeは重いので複数のブラウザを立ち上げて使用することは出来ないというのが今のところの状況のようです。高速という事を打ち出して登場したブラウザではありますが、それほどのスピード感は今のところはありません。軽さという点ではchromeの方が今のところはあるといって良いでしょう。ただ、これまでのインターネットエクスプローラー
と比較すると格段に速く軽くなっているという感じはありますが、それでもchromeと比較するとまだまだ改善の余地が残されているという状況だと考えられます。拡張機能などはchromeには遠く及びませんから、性能や信頼性という点でブラウザを選択するのであればまだchromeに軍配を上げる人が多いかもしれません。

使い方を勉強してインターネットを楽しみましょう

ひと昔までは、場所や言葉の意味など何か探すときには、それらに関係する本や地図を丹念にめくりながら時間をかけて目的物を探していました。それがインターネットの普及と検索エンジンの出現により必要な情報が、瞬時に探し出せる便利な世の中が到来しました。そんな検索で多くの方が使用しているのはMicrosoftのInternet Explorerだと思いますが、お使いのPCがWindows 10ならMicrosoft edgeがお勧めです。新しい機能でインターネットの情報によりアクセスしやすくなっています。また起動時や検索時のスピードも驚くほど速くなっています。新しい機能としてWeb ノートでWeb ページに手書きができ、OneNoteを使うことで手書テキストをWeb ページに保存し、その情報を皆で共有できます。こんなに便利な進化するブラウザーの使い方を学んでネット社会を楽しんでください。

Microsoft edgeの設定をする方法

Microsoft edgeはブラウザの右上にある三連点のマークをクリックすることで各種の設定をすることが出来るようになっています。ここでは各種の設定をすることが出来るのですが、起動時にどのサイトで起動させるのかとか、クッキーをどのように対処するのか、adobeのフラッシュの対応などを設定することが出来るようになっています。特に初期設定をいじる必要は無いという人も少なくはないでしょうが、インターネットを頻繁に使用するというような人であれば、ここの設定の仕方というのは覚えておいたほうが良いでしょう。高速ブラウザという事で登場している為か、それほど多くの項目をいじれるというわけではありませんが、必要最低限の事は此処で出来るようになっています。

Mショートカット作成方法について

日常的に利用するアプリケーションはデスクトップ画面にショートカット登録しておきましょう。Microsoft edgeは最もよく使うアプリですので、真っ先に作成したいところです。

まず最初にキーボードの「窓マーク」を押し、タイル画面を表示します。一覧の中からMicrosoft edgeのタイルを見つけ出し、それをマウス操作で、デスクトップ画面の空いた場所へドラッグアンドドロップしましょう。

するとMicrosoft edgeのショートカットが自動的に作成され、次回からはその画像を触るだけで素早く、Microsoft edgeが起動可能となります。これは他の製品にも使える方法であり、頻繁に使う製品はショートカット登録しておけば便利です。

お気に入りをエクスポートするには?

皆さんもおなじみのMicrosoft edgeですが、自分のよく行くサイトをお気に入り設定して使っている人もいるかと思います。その登録したお気に入りをトラブルなどで無くさない様に、お気に入りページをファイルとしてページを保存して置くことが出来ます。これがエクスポートといいます。その方法は、Microsoft edgeを開いた後、ページ右上にある設定マーク(・・・マーク)をクリックします。そして、設定を選択し、開いたら「別のブラウザーからインポートする」ボタンをクリックします。次のページの「ファイルにエクスポート」を選択するとファイルをどこに保存するかという画面が出てきますので、保存したい場所を選択し、ファイル名を決めて保存ボタンをクリックすれば完了です。

 

スポンサーリンク